when you sell



DON'T GET STUCK WITHOUT A PLAN... BE PREPARED FOR FUTURE

売却の手引き

Doticon_blk_Check.gif 売却の相談
  重要なのは土地の価格です。土地の状況により近隣の相場から大きくかけ離れていることがあります。そこで地元の不動産会社に見積もりの依頼をされると良いでしょう。その場合、①物件の位置が分かる地図 ②土地の面積と前面の道路の幅 ③建物の面積、構造、間取り図をご用意ください。

Doticon_blk_Check.gif 物件調査・査定
  電話やファックスで査定を依頼されるケースもありますが、その査定価格はあくまでも参考程度にしかなりません。より正確な査定をするには実際に物件を見てもらうのが一番です。ただ、その調査には時間がかかります。

Doticon_blk_Check.gif 媒介契約の締結
  売却が決まれば不動産会社と媒介契約を結ぶことになります。この契約には①複数の不動産会社に依頼できる「一般媒介契約」 ②一社だけに依頼する「専任媒介契約」 ③売主自身が見つけた買主でも不動産会社に仲介を依頼する「専属専任媒介契」の3通りがあります。

Doticon_blk_Check.gif 物件の売却活動
  媒介契約を交わしたら不動産会社は販売活動を開始します。店頭広告、新聞折り込み広告、現地への看板、ネット広告が主になります。売出し価格で購入される方もいますが、値下げ交渉をしてくることが多くなっています。値引きする、しないは売主の自由ですので物件に対する反応をみながら交渉されるとよいでしょう。

Doticon_blk_Check.gif 不動産売買契約締結
  価格交渉が成立し買い手が決まれば売買契約に進みます。売買金額にもよりますが、契約日には手付金(代金の一部)だけを受領し、残金と引き渡しを後日に行うことが一般的です。これは買主が融資を受ける手続きに時間がかかるためです。

Doticon_blk_Check.gif お引き渡し
  融資に問題が無ければ残金と引き渡しを同時に行います。銀行の一室を借りて決済することが多いようですが現金や小切手の場合は不動産会社で行うこともあります。所有権移転登記のため司法書士さんが同席しますので、売主ご本人が出席する必要があります。

Doticon_blk_Check.gif 確定申告
  売却価格から購入した金額、不動産会社への仲介手数料などを差し引いたものが売却益または損になります。相続で購入代金を支払っていない場合は、売却金額の5%が購入金額として扱われます。即ち95%が利益とされますので税金をしっかり払うことになります。

ページの先頭へ